スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川アンダー ザ 村長

突然ネタが思いついたので書いてみました。

どうぞ




荒川 アンダー ザ 村長


「村長」

リクルートが俺の名を呼ぶ。

「村長っていつからここにいるんですか?」
「えーと・・・。ご想像にお任せします。」

リクルートはそんな俺の返事に対して冷静に突っ込む。

「え!?何ですかそれ。」

「悪い悪い。俺、歳いくつなのか忘れちまった。」

俺は笑いながら後頭部を右手で掻く。

「歳は聞いてませんよ。ここに住んでいるのは何年なのかって聞いているんです。」

俺はきょとんとした顔で返事してやることにした。

「そんなの決まってんだろ。産まれた時からだよ。」
「分かりました。この質問をした俺が間違いでした。」
「俺これからちょっと用があるから。じゃあな、リクルート。」

☆ ☆ ☆

「俺これからちょっと用があるから。じゃあな、リクルート。」

そう言って、俺に背を向けて去っていく村長の後姿は、どこか寂しそうな背中をしているように俺は感じた。
さっきも俺がここに何年住んでいるのかと聞いた時、周りから見ればきょとんとした顔を村長はしていたのかもしれない。しかし俺はその時も村長がどこか悲しいような顔をしているように見えた。一体何なんだ。

考えていても仕方がないので俺は村長のに背を向けた。

「ここにいる村長という方に渡してください。」

背を向けたと同時に女性が立っていた。髪の毛がパーマがかかっていた。女性の足元に小さな幼稚園生ぐらいの男の子が立っていて、男の子の背中には赤ちゃんを背負っていた。
そしてその女性は一通の手紙をを俺に差し渡していた。

「村長に・・・ですか」
「はい。宜しくお願いします。」

俺は手紙を受け取った。男の子が喋り出した。

「母ちゃん早く帰ろう。」
「はいはいわかってるわよしんのすけ。」

女性は男の子にせかされながら、去っていった。
とりあえずこれを村長に渡さなくては。

「村長!」

村長は歩んでいた足を止める。しかし、こちらを振り向こうとはせずにただ突っ立ていた。

「村長?」

俺は、村長の前に立った。そこに立っていた村長は今まで俺が知っている村長とは別人だった。まさか、村長が涙を流しているだなんて。

☆ ☆ ☆

くそ、リクルートに見られた。なんと言って誤魔化すか。俺は思考錯誤した。
だが、出てきた言葉は苦し紛れの言葉だった。

「すまない。花粉症なんだ。はははは。」
「嘘をつかないで下さい。今冬ですよ。万が一花粉が飛んでいても、この時期涙は流しません。」

さすがはリクルート痛いとこついてくるぜ。

「何を隠しているんですか?」
「俺は別になにも・・・がくしてなんが。」

俺は嗚咽をもらしながらひざをついた。

「言った方がきっと楽になりますよ。」

俺はもう限界だった。リクルートに胸の内を話すことにした。

「すまねえ。ぐす。まあなんだ座れや。」
「あ、はい」

大きく深呼吸をした。

「俺は何年か前、女房と息子と娘で4人で暮らしていた。毎日毎日幸せだった。女房には尻に敷かれていたけどな。しかし、幸せは突然失われたんだ。会社が倒産してな。俺は家族を思って、ありったけの金を置いて家を出てきたんだ。少しでも生活の負担を減らせるようにと思ってな。そして、歩いているとここに辿りついた。その時から俺のここでの生活は始まっているわけよ。」
「そうだったんですか。実は先程見知らぬ女性から手紙を預かったのですが、村長にと。」

☆ ☆ ☆

「これは」

村長は急いで手紙の封を開け中の手紙を読み始めた。
内容は教えてくれなかった。ただ、それを読み終えた瞬間、村長はこう呟いていつもの村長に戻った。きっと朗報だったのだろう。

「みさえの奴。」

さっき会った女性と子供達は、村長の家族なのだと、俺は確信した。



あとがき

お疲れ様でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。
このストーリーは昨日お風呂に入っていたら思いついたので、忘れないうちにと思いまして。

読んでいて気づいたと思いますが、この作品の中では村長は「クレヨンしんちゃん」の「野原ひろし」です。声優さんが同じで、村長は顔を隠しているからつじつまが合ってしまうのです。※フィクションです。

すみません。あとがきを書く気力も無くなってきました。まだまだ言いたいことはたくさんあるのですが、これにて。

ヽ(=´▽`=)ノシ


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

nemuru

Author:nemuru
性別・・・男
職業・・・高校一年生
血液型・・・B型
特技・・・どこでも寝れる・瞬間睡眠(1分あれば寝れる)
生息地・・・関東地方
趣味・・・アニメ・漫画・小説
好きな属性・・・天然・百合
好きなアニメ・漫画・小説のジャンル・・・ファンタジーアクション・奇怪・コメディ
ブログタイトルの由来・・・あだ名がマッチだったりひものような体をしていると言われるから

Skype始めました。チャットだけでなく通話もできるようになりました。こんな僕で宜しければ一緒にお話しませんか?お気軽にどうぞ。
多分「syupika」と検索すればでるかと・・・。
表示名はnemuruです。

訪問ありがとうございます!!
これからも末永くよろしくお願いします!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。